要害山
尾続山

536m
538.3m

(山梨県上野原市)

2015. 2. 8

直線上に配置

新井バス停→鏡渡橋→山の神神社→要害山→コヤシロ山(610m)→実成山(609m)→尾続山→尾続→鏡渡橋→バス停

                                                                                                   コース地図





  鏡渡橋までのバスは本数が少ないため新井から歩きだす。 鏡渡橋を渡ってまもなく左に入る。 舗装道路だが急な上り坂が続く。   







  要害山が見えてきた。 形から別名 「おっぱい山」 と呼ばれているそうだ。 右の道に入り、山の神神社の鳥居が見えたらその横を登る。  







  山の神神社に寄ってみた。 トタンで囲まれた建物の中に神社がある。 途中、大権現への道を分ける。  







  このころから雨が降り出した。 雨具を付け薄暗い林の中を登り、道がジグザグになると山頂は近い。  







  要害山の頂上は広く、祠が奉られている。 天気が良いと木の間から富士山が見えるそうだがこの天気では何も見えない。  うっすらと雪が積もった道を下る。  







  570mのピークを過ぎ、小祠のあるところで右に折れる。 道標があるので迷う心配はない。  





  次のピークの手前の斜面で鹿が暴れていた。 よく見ると罠にかかっているようだ。  


  T字路の広い場所から左へ少し進むと小高いところがコヤシロ山。 赤い杭があるだけで山名板はなかった。  







  T字路に戻り雨の中で昼食にする。   東へ下って行くと展望が開け、幻想的な景色が広がった。
わずかに登って実成山(みなしやま)。 くの字になっている平坦な山頂で山名板もないのでうっかり写真を撮り損なった。
 







  次のピークを過ぎ、南に下って行くと尾続山(おづくやま)に着く。 四等三角点と山名板がある。
あとは踏み跡をたどり竹林を通り、集落に出る。
尾続からのバスは少ない。 待っていると寒いのでバスがくるところまで歩いた。
 

コース地図



   

inserted by FC2 system