小倉山と ざぜん草 (塩山)


2009. 3. 8

直線上に配置

駐車場→ざぜん草群生地→稜線→小倉山展望台→996m峰→平沢分岐→駐車場



朝早かったので駐車場にはまだ一台も車がない。

午後から雨との予報だったが高曇りなので降られずに済みそうだ。

案内板でコースを確認して出発。



←← クリックして拡大。









5分ほど歩くとザゼンソウの群生地。猪除けの電気柵で囲まれている。
この日は日曜日なので通電していなかった。 今年は暖冬で雪がない。







なぜか後ろ姿が多く、こちらを向いているものが少ない。見られるのが恥ずかしいのかな〜?







変わった色の花もある (といっても実際は花ではなくて仏炎苞だが)

ザゼンソウを見学した後、小倉山に登ったが曇っているので展望はよくなかった。




   昨年撮った写真。          2008.03.09


この年は雪が多かったため、花の開花が遅れてるとのこと。ようやく開き始めたところ。


ザゼンソウ自体が発熱するので、まわりの雪が溶けている。









緩やかな坂を登り、稜線に出て階段状の尾根道を登り切ると展望台がある。
展望台からは南アルプス方面の眺めが良い。





甲斐駒ヶ岳から白峰三山、荒川三山まで大展望。
一番手前は扇山(竹森)、その右奥は小楢山あたりだろうか?





左から 、農鳥岳、間ノ岳、北岳、鳳凰三山、真っ白な仙丈岳、そして甲斐駒ヶ岳。
この年はお天気がよかった。





小倉山だけでは物足りないので稜線を西にたどり、996m峰に向かう。



山頂直下は岩の急な登り。


頂上は細長く昼食をとるにはうってつけ。





急坂を下り、道路が見えてくると平沢分岐。
ここからは富士山が真近に見えるのだが、今日は目を凝らしてやっと見える程度。
ここを平沢集落方面に向かう。


歩いてきた尾根を左に見ながら笹の道を進み、集落が見えたら左の船宮神社方面へ行く。
神社分岐を通りすぎるとカタクリの生育地。やっと葉が出始めたばかり。




程なく駐車場が見えてくる。 朝は一台もなかった車がびっしり、観光バスも来ていた。

売店があり、農産物等を売っている。

林道を含め 8億9,000万円を掛けたと あって立派な駐車場。きれいなトイレもある。




   



inserted by FC2 system