雨乞岳 (山梨)


2009.06.07
直線上に配置

ヴィレッヂ白州側登山口→遊歩道分岐→ガレ場上→笹原→雨乞岳→往路を戻る

石尊神社からの登山道は標高差が1400mもあり二の足を踏んでいたが、
ヴィレッヂ白州側からは 900mと知り、登ってみることにした。





国道20号から塩沢温泉方面に入り、温泉の先から林道に入る。 道は狭いが舗装されており、所々石が落ちているが乗用車でも問題ない。 登山口の脇に駐車場がある。   春蝉の声が賑やかだ。







しばらくはキャンパーの為の遊歩道になっており、 階段の道が続く。
歩幅があっているので歩きやすい。 緑がまぶしい。







左側が開けた所に出ると甲斐駒ヶ岳と鋸岳が姿を表す。残念ながら雲がかかっている。
手前の駒岩と大岩山も展望を遮っている。
昨年、駒岩の先の鞍掛山に登ったが、天気が悪く甲斐駒が見えなかったのを思い出す。







眼下に日向山の雁ヶ原が見えてきた。樹林帯の中にそこだけ砂浜(花崗岩)があるのは不思議な光景。 人影が見える。









山頂には三角点と山梨百名山の標柱がたっていた。
ツツジは終わっていて、花はなかったが山頂でようやくかわいい花に出会えた。

標高が2,000mあるので もっときつい山かと思っていましたが、さほど急登もなく穏やかな山でした。



   



inserted by FC2 system