鎌田城山

318m

(静岡県伊東市)

2016. 3.12

 
直線上に配置

下八代田バス停→刻印石→鉄塔→分岐→ 城山→展望台→分岐→滝→
松川湖→白川橋→花の広場→奥野ダム→万葉の小径→八代田バス停






  下八代田バス停から住宅街を抜けて行く。 案内板があるので分かりやすい。  





ここから山道へ。 みかんがたくさん実っている。


  江戸城築城のものか? 上部にいくつか穴が彫られているが刻印は見当たらない。  







  石がゴロゴロした道から尾根に変わると坂が急になる。  







  いくつか鉄塔を越えて分岐を城山に向かう。 ここからは緩やかな林の中を進む。  







  城山に到着。 山頂にある竜爪神社は拝殿が朽ちかけており、奥の神殿は崩壊していた。  







  先に少し進むと展望地がある。 ここでゆっくり昼食休憩。 かわいい花が咲いていた。  





眼下に松川湖。 その左奥の雲のかぶった山は大室山だろうか?







  分岐に戻り松川湖へ向かう。  







  何回か沢を渡る。 水量は少ない。  







  沢蟹を発見。 とても小さい。 よく見つけたものだ。
 
「滝」 という案内があったので行ってみたら立派な滝だった。 名前がないのは惜しい。 たいていの人は見ずに通過してしまうだろう。








  戻ってさらに沢沿いに進み、道路に出る。  





ダム管理棟。 トイレもある。


湖の遊歩道に入る。







  湖畔を歩く。 オシドリが仲良く泳いでいた。  






  一本だけモクレンがあった。 満開。  





ヒューガミズキとツバキ。


  城山が遠くなった。 頂上の白いところが展望地。  





花の広場。 紅梅が満開でとてもきれい。












白川橋の東屋。


ねじれた木。
  白川橋まで足を延ばし、対岸を戻って八代田バス停へ向かう。 来た分、戻らなければならないのでかなり時間がかかる。 のんびりしすぎて危うくバスに乗り遅れるところだった。  

このページの先頭へ


   

inserted by FC2 system