仙人ヶ岳

663.0m

(栃木県足利市)

2016. 6. 4

 
直線上に配置

岩切登山口→生不動→熊の分岐→仙人ヶ岳→熊の分岐→知ノ岳(561m)→
宗ノ岳(530m)→犬帰り→猪子山(511m)→猪子峠→猪子トンネル






  タクシーで登山口へ。 ヤマボウシが満開。 花はこれだけで山では何もなかった。
4月なら桜、ヤシオツツジ、ミツバツツジ、ニリンソウなどがきれいだそうです。
 







  足下に小さなヘビイチゴを見ながら沢を渡る。 道は沢沿いについている。  







  大きな穴がポッカリ開いた洞窟。 昔、鉱山で採石していたようだ。 鎖を頼りに一段上へ。  







  ロープでトラバース。 そして何度も沢を渡る。 案外険しい。  







  小さな流れは飛び石で渡る。 足場の悪い所もある。  







  生不動到着。 建物の後ろの岩影にお不動様。  










  小さな滝があり右から越える。 このあたりは洞窟がたくさんある。  







  青い蝶々?が2羽飛んでいるのを発見(左の写真下の方) 動きが早く、振れてしまっている。  







  沢から離れ、ここからきつい登りが始まる。 皆、無言で黙々と登る。  







  汗びっしょりになって熊の分岐に到着。 ゆっくりと休憩。 凍らせてきた冷たい水がおいしい。  







  ここからは尾根歩き。 やはり急だ。  







  仙人ヶ岳の頂上に到着。 三角点の上部が欠けている。   昼食後、登ってきた急坂を下る。  





熊の分岐からは尾根コースへ。  知ノ岳からは初めて展望が得られた。  







  登ったり下ったり、小さなピークがたくさんあって苦労を強いられる。 宗ノ岳に到着。  







  小さいが急なピークを越えると犬帰りと巻き道との分岐。 数名が犬帰りへ。 残りは巻き道を行く。  







  犬帰りの難所が始まる。 まずは一段下へ。  







  鎖を頼りに垂直の崖を下る。 下が見えない。  







  足掛かりのあるところはいいが、ないところは左手で鎖、右手で岩をつかんで横移動。  














  待っていた巻き道組と合流。 さらに岩場を下る。  







  猪子山に到着。 岩の間をすり抜けて進む。  







  いくつかの小ピークを越え、杉林になると一気に高度を下げる。 ようやく道路に出た。
変化があってとても面白い山だった。
 

このページの先頭へ


   

inserted by FC2 system