於呂倶羅山

2020.4m

(栃木県日光市)

2008.10. 5

直線上に配置

山王峠→鉄塔→大岩→平坦地→於呂倶羅山→往路を戻る

「おろぐらやま」と読みます。なんでこんな名前が付いたのでしょう。  6月に この山に登るつもりで光徳牧場まで来たが、その先が通行止めになっていたため三岳に変更しました。今回最チャレンジです。



山王峠の少し先、送電線の横切る所が登山口。
2〜3台の駐車スペースがある。


鉄塔から先は笹藪で道が分かりにくい。右の笹をかき分けて左に見える岩の向こうに回り込む。





ふり返ると、もう道路が下のほうに見える。


やがて、大岩が行く手をさえぎる。このコース最大の難所。





左に巻き道もあるが帰りに通るとして、正面からアタック。


登りは足場があるので何とかクリア。





大岩の頂上は風が強く、バランスを崩さないよう注意。


標高が高いので すっかり紅葉している。

大岩の下りはむずかしい。 右の林に入ると立木に遮られ進めない。 正面から右に回り込むと小木につかまれるが足場が悪く苦労する。 結局左の崖をおりたが、足を滑らせたら一巻の終わり。 下りでは恐怖感があるのでここは行きに巻き道を通り、帰りに登った方が楽かも知れない。





再び笹藪をかき分けて進む。山頂近くなると傾斜が急になる。 笹をつかんでよじ登る。
邪魔な笹もこの時ばかりは ありがたい存在だ。


山頂に到着。三等三角点がある。





南面が開け、男体山が逆光でシルエットに見える。


笹の緑と紅葉が対照的できれい。



   



inserted by FC2 system