唐沢山
高鳥屋山
諏訪岳

241m
290.4m
323.7m

(栃木県佐野市)

2016. 8.24

 
直線上に配置

唐沢橋→唐沢山神社→キャンプ場→高鳥屋山→京路戸峠→諏訪岳→京路戸公園→唐沢橋

しばらく歩いていないので足ならしの為に来てみたが案外歩き甲斐のある山だ。       コース地図





  秋山川は先日の台風の影響か、泥水が流れていた。 橋を渡って道が左にカーブする所が登山口。  







  夏なので草木が生い茂っている中を上って行く。 道はよく整備されている。  







  鉄階段を上がって10分ほどで唐沢山神社の駐車場に着く。 散歩をしている人がいたので 「熊は出ませんか?」 と聞いて見たら 「熊は聞いたことがないけれどイノシシは出るよ」 と言われた。  







  水琴窟。 杓で竹の根本に水を流してみたら、とてもきれいな音色が聞こえた。  














  参道を進み、階段を上がると唐沢山の山頂。 唐沢山神社がある。  







  先へ進んでキャンプ場を過ぎると分岐があった。 指導標は右になっているが左へ上ってみる。  







  二等三角点のあるピーク。 高鳥屋山という山名板があった。  







  次もピークに上ってみた。 指導標はあるが山名は書いてなかった。 巻き道と合流。 倒木は台風の為か?  







  次のピーク。 あまり歩かれていないようでコンクリート柱があるだけ。 そしてまた分岐がある。  







  上がってみると岩の急登。 山頂はコンクリート柱に石が乗せてある。  地図上の292m峰。  







  その次は赤い標柱あるだけ。 京路戸峠への指導標はたくさんあるがなかなか着かない。  







  階段を下って行くとやっと京路戸峠。 左は多田駅だが右の諏訪岳へ向かう。  







  時折、雨が降ってくるが木が密集しているので雨具は必要ない。 分岐を左に上がって行くと諏訪岳。  







  三角点があり、西側が開けている。 今日初めての展望。  







  北に進むと道が険しくなる。 公園への道は地図に載ってないので心配だったが案内板があった。 これなら大丈夫だろう。  







  少しの藪と蜘蛛の巣に悩まされたが踏み跡はしっかりついている。 下ってゆくと刈り払いされた広い道になる。 さらに下ると道の真中を水が流れている。  







  京路戸公園に降り立つ。 ガスで展望はなかったが、暑くなくて真夏にはちょうど良い天気だった。  

このページの先頭へ


   

inserted by FC2 system