御所塚山

270.9m

(千葉県市原市)

2014. 1. 25

直線上に配置

飯給駅→登山口→展望地→万田野林道→御所塚山→万田野林道→つばきコース→展望台→市民の森→月崎駅

小湊鉄道 五井駅でもらったパンフレットには飯給(いたぶ)駅に世界一大きなトイレがあると書いてあった。 どんなトイレなのか楽しみだ。





駅を出て早速トイレを見学。 男子トイレも広いが、女子トイレは黒い塀で囲ってあり広大だ。
約 60坪あるそうだ。 私の家の敷地より広い。 ドアは鍵がかかるようになっている。 これで一人用だ。
奥の方に電話ボックスのようなものがある。





ボックスの中がトイレ。 しかし 360度ガラス張り。 周囲にはライトアップの設備があるので夜間はスポットライトが当たるのか?
ドアに鍵がかかっているとはいえ、このまま使用するのは はずかしいという人の為にカーテンがついている。
できたばかりは花が植えられ、きれいだったようだが今は何もない。 冬だからだろうか? きれいだった玉砂利もなくなっている。
無人駅とはいえ、このまま放置されてしまうのは残念。 暖かくなったらまた花で飾られることを期待したい。
                               できた頃の様子







トイレの先の踏切を渡り、十字路を左折、次の十字路を右折する。 水路が所々トンネルになっている。 舗装が切れて少し進むと右にカーブする手前、左の水路にガードレールがある所を右の湿地の中に入る。 古びたテープがある。







笹藪の中を進むと踏み跡があり、急坂を登り詰めるとはっきりした尾根になる。







周囲が開けてくると広い道に突き当たる。 御所塚山へは左だが、これを右に行くと展望地に出る。







以前は展望がよかったようだが、砂利採取場跡に広大な工場ができていた。 産業廃棄物処理場のようだ。         道を戻り、万田野林道に出る。







左に下って行き、 「14」 のプレートのついた電柱の先を右に入る。





林道の上を戻るように尾根を登って行くと杉林を過ぎ、分岐を左に登ると御所塚山の山頂。
展望はないが一等三角点がある。


下りは分岐を直進し東峰に向かって進むが、時間がないので途中から元の道に合流。 なにしろ予定の列車を逃すと2時間待ちになってしまうのだ。







林道を南に下り、つばきコース入口を入る。 この道は整備されていて快適に歩ける。







つばきは終わりかけていたがまだ咲いているものもある。 階段を上ると展望台。







大きな展望台からは周囲の山々が見渡せるが房総には高い山がないので絶景とはいえない。







健脚コースを下り、市民の森に出る。 ここにはトイレもある。 
予定時間に月崎駅に着いて駅前の売店で喉をうるおす。

ルート地図



   

inserted by FC2 system