直線上に配置


埼玉百名山


笠取山


かさとりやま


1953m


秩父市


奥秩父の山域の主脈の一つに位置している。 山頂の南側は多摩川の水源であり、南斜面の山林一帯は東京都水道局の水源涵養林となっている。 山頂から南側少し下に水干(みずひ)と呼ばれる水源があり、「東京湾まで138km」と書かれた看板が立っている。 また、山頂から西へ少し離れた雁坂峠への分岐付近に小さな分水嶺があり、ここから秩父市側は荒川、山梨市側は笛吹川、甲州市側は多摩川へと別れている。
山頂は二つに分かれており、埼玉県の標柱のある山頂は展望がよくない。 少し低い山梨県の標柱のある所は展望が良い。


コース
一ノ瀬高原の作場平に車を停めて「水源地ふれあいのみち」を行く。 途中に笠取小屋がある。 雁坂峠から甲武信岳へ、または唐松尾山から飛竜山、雲取山方面へ縦走できる。


埼玉百名山
トップへ戻る
リンク      2月      6月     12月

直線上に配置

inserted by FC2 system