妙高山


2454m


(新潟県妙高市)


2011. 9.11

直線上に配置

高谷池ヒュッテ→黒沢池ヒュッテ→大倉乗越→妙高山→天狗堂→大谷ヒュッテ→赤倉スカイケーブル

高谷池ヒュッテから出発。 お天気はまずまず。 今日こそ展望が期待できるか?





高谷池ヒュッテから見た朝焼けの火打山。 ここにはライブカメラが付いていていつでもインターネットで見ることができる。







先ず登り付いたところは茶臼山(2171m) 。小さな山名板がぶら下がっていた。







ここから一気に下る。 池塘が近くなるとドーム形の黒沢池ヒュッテが見えてくる。














壁のように立ちはだかる外輪山を登り切ると妙高が姿を表す。 いかにもきつそうだ。







ロープを頼りに急坂を下る。 せっかく登ったのに、もったいないくらいどんどん下る。







下に見える池塘は長助池だろうか?  この時期は水量が少ない。







水場にでる。 チョロチョロではあるが冷たい水が流れ落ちている。
ようやく下りきって分岐に出た。







妙高に向かっての登りが始まる。 火打と比べ、こちらは木道は少なく岩がゴロゴロしていて歩きにくい。







苦しい登りもようやく終盤に近づき、山頂が見えてきた。 頂上のすぐ下に祠がある。







三角点のある山頂(北峰)に到着。 ガスがかかってきてしまった。 あと一時間早ければ見えていたのに..残念。





大きな岩を通過。 「日本岩」 と書いてある。


山頂直下の岩のレリーフ。







妙高山山頂(南峰)に到着。 「高山大神」 が祀られている。







登りもきつかったが、下りも急で長い。 岩場を慎重に下る。







岩場が終わると八合目の「風穴」。 穴から冷たい風が吹きだしている。





光善寺池は殆ど水がない。 春先はもっと綺麗な場所なのでしょう。


天狗堂は小さな祠があるだけ。






やっと大谷ヒュッテが見えてきた。 ここは避難小屋。 トイレがあるがドアが壊れている。





下界に降りると晴れている。 山頂だけがガスがかかっていたようだ。


林道に出てホッとしたのも束の間、また山道へ。






ようやくスキー場のゲレンデに出る。 ここで黒沢池ヒュッテ泊のメンバーに追いついた。







長〜いスカイケーブルで一気に下山。 急に都会の雰囲気になってしまった。


前日の火打山へ



   

inserted by FC2 system