権現堂山

997.7m

(新潟県魚沼市)

2015. 6.20

 
直線上に配置

戸隠神社→弥三郎清水→下権現堂山→中越→上権現堂山→中越→496m地点→林道→戸隠神社






  戸隠渓流歴史公園の駐車場から鳥居をくぐって戸隠神社へ向かう。  







  神社の境内の右に進むと登山口がある。 中越コースの分岐を過ぎ、大きな岩のある一合目に着く。
一合ごとに標柱があるので目安になる。
 







  花の山と言われているがこの時期は花が少ない。 雨水の流れで えぐれた登山道を進んで行く。
雨上がりのせいか、すごく蒸し暑い。 水を大量に消費する。 バテぎみだ。
 







  視界が開けると北魚沼の水田が眺められる。 本場のこしひかりだ。
周りの木の葉には毛虫がものすごく多い。 体に着いてくるので時々払い落とす。
手袋の上から毛が刺さり、腫れてしまったメンバーも...。
 





  毛虫は気持ち悪いので代わりにバッタの写真を撮った。  


  途中からブナの林になると急に空気がひんやりしてきた。 とても気持ちがいい。  







  弥三郎清水に到着。 水は枯れていた。 岩場を上がって神湯からの道と合流すると山頂は近い。  







  三等三角点の下権現堂山に到着。 岩だらけだが広い頂上には山名同定板がある。 越後三山、守門岳、浅草岳など360度の展望だ。 空気が澄んでいる時期に来てみたいものです。  







  上権現堂山へは小さなピークをいくつか越えて行く。 かなり距離がある。 一ヶ月前ならイワウチワなどの群落が見られる所だが何もない。 アズマシャクナゲは盗掘で一時見られなくなってしまったようだが地元の人たちが保護していて咲き終わった花殻が見られたので復活したようだ。  





時折パラパラと雨がくるが直ぐ止むので助かる。


ヤマツツジは山頂近くに少し咲き残っていた。





  上権現堂山頂に到着。 ここは二等三角点。
展望はあまりよくない。 ピンクのツツジが一本きれいに咲いていた。
 







  戻る途中、向かい側の尾根で特別天然記念物のニホンカモシカがじっとこちらを見ていた。  


  中越コースの分岐の200mくらい手前に近道がある。 合流するまでピンクのテープがあるので迷うことはない。  







  こちらのコースは毛虫は少ないが標高が低くなるとまた現れた。  







  途中、水場があった。 顔を洗うと冷たくて気持ちがいい。 ブナの林になるとやっぱり涼しい。  







  小さな沢を何回か渡る。 林道へ出て渓流歴史公園の駐車場へ向かう。 林道にも毛虫が這っている。
宿の車が迎えにくるのを待つあいだに毛虫を払い落とす。
 

翌日の鋸山

このページの先頭へ


   

inserted by FC2 system