天狗岳

2646.0m

(長野県茅野市)

2009. 8.30

 
直線上に配置

オーレン小屋→箕冠山→根石岳→東天狗岳→西天狗岳→本沢温泉→稲子湯

前日、峰ノ松目から硫黄岳に登り、オーレン小屋に泊まる。今日は天狗岳へ。





先ず箕冠山(みかぶりやま)に向かう。 林の中を単調に登ると頂上に着く。 予想外に天気がよくなった。





箕冠山を越えると展望が広がる。左 西天狗、 右 根石岳、奥に頭だけ見えるのが東天狗。





根石岳へは気持ちのいい稜線歩き。


東西天狗岳を結ぶ尾根。





西天狗岳のアップ。登りはきつそう。





根石岳山頂。展望良好。


北岳と甲斐駒ヶ岳もうっすらと見える。





硫黄岳の向こうに赤岳と阿弥陀岳。 右は箕冠山。 下は根石山荘。







いよいよ東天狗へ向かう。ここが一番きつい。 ジグザグに登り、鉄の橋を渡り、急傾斜の岩場を登り切れば山頂だ。





あと少し。 頑張れ。


足元にピンクのかわいい花が咲いていた。





東天狗岳山頂。 岩だらけ。


西天狗岳山頂。こちらはわりと広い。





ガスが出てしまい、赤岳が一瞬だけ見えた。


振り返って見る東天狗岳。





名残惜しいが景色に満足し、下山にかかる。


ガスが かかっているので慎重に下る。







左下に「天狗の奥庭」が見える。 このあたりは北八ヶ岳の雰囲気だ。




小さな三角形の頭が見えるのはニュウ。
右は稲子岳の南壁。 鋭く切れ落ちている。



シラビソの縞枯れ。針葉樹の一斉更新が帯状におこって
いて、上部に向かって年間 約 1mずつ移動するという。





高度が下がるとダケカンバの林に変わる。


みどり池、思ったより小さい。 今年は水が少ないのか。





しらびそ小屋。 みどり池の端にひっそりとたたずんでいる。


稲子湯着。 汗を流し、蕎麦を食べてタクシーで松原湖駅へ。


前日の硫黄岳へ



   



inserted by FC2 system