鍬ノ峰


1623.1m


(長野県大町市)


2012. 7.30

直線上に配置

送電線巡視路入口→鉄塔→尾根→鍬ノ峰→往路を戻る

餓鬼岳登山口には車が数台停まっていた。 ここを過ぎると林道の幅が狭くなる。 舗装されては いるが両側から草木が生い茂っており、車でヤブ漕ぎ状態になる。 時々木の枝にこすれる音がする。
橋を渡ってすぐ、右側に登山口があり、その少し先に駐車場所がある。





車は一台もない。 あまり登られていないようだ。 少し戻って登山口標識から登り始める。 プラスチックの階段が埋め込まれていて歩きやすいがスゴイ急登。







鉄塔を過ぎ、稜線に出て左に進む。 岩場をまわり込んで行くと山頂らしきピークが見えてくる。 笹藪を辿り、崖のような所に出る。 左上に踏み跡があり、登りたくなるが、ここは目の前の崖を慎重に下り、左にまわり込んで行く。







再び背の高い笹藪となり、急登し、緩やかになって山頂かと思うが、目の前にまたピークが現れる。
もう一つピークを越え、辿り着いたところが山頂だった。 二等三角点がある。







あまり広くない山頂だが周囲は開けている。 あいにく曇天で展望が効かないのが残念。 下の方に街並みが見えるだけ。     帰りは また笹藪をかき分けて下る。 先頭は、ズボンはびしょびしょ、靴は泥だらけ。 ご苦労さまでした。
車もヤブ漕ぎで引っかきキズが付いてしまった。  この山に登るのは草木が伸びる前の早春が良いと思う。


翌日は鹿島槍ヶ岳へ



   

inserted by FC2 system