七倉岳


2509m


(北アルプス)


2011. 7.26

直線上に配置

七倉ダム→唐沢のぞき→鼻突き八丁→天狗の庭→船窪小屋→七倉岳→船窪小屋(泊)
→七倉岳分岐→船窪岳→船窪岳第二ピーク→不動岳→南沢岳→烏帽子岳分岐→
烏帽子小屋(2泊)→濁沢→高瀬ダム






前日、大町温泉に泊まり、早朝七倉ダムへ。 ここは登山基地となっており広大な駐車場がある。
針ノ木岳方面への登山者はタクシーで高瀬ダムに向かうが、船窪岳へはここから歩きだす。







登山道は最初から急登。 急なハシゴもあり、泊まり用のずっしりと思い荷物が足にこたえる。







唐沢のぞきと書いてあるが木が茂っていて唐沢岳は見えない。 歩きにくい急な道はまだまだ続く。







鼻突八丁にさしかかる。 胸突八丁よりも急だという意味だろうか?  ようやく八合目。







休憩する場所もない。 木の根に足をかけて座り込む。
日本三大急登のブナ立て尾根よりこちらの方がよほど苦しい急坂だ。







シャクナゲとハイマツ帯に入り、ようやく展望が得られるようになったがガスが邪魔をする。







天狗の庭では一瞬のガスの隙間から七倉ダムを見ることができた。







高瀬ダムはさすがに大きい。 ロックフィルダムでは日本第1位の高さを誇る。







シャクナゲも丁度満開。 お花畑では色とりどりの花が咲き誇っていた。














ようやく船窪小屋に辿り着いて一休み。 美人アルバイト、ときちゃんがお茶を入れてくれました。
小屋の前には大株のコマクサが咲いていた。







船窪小屋に荷物を預け、七倉岳に向かう。 なんと体が軽いことか!
山頂では、しばし流れるガスの隙間から山座同定を楽しむ。





不動岳と奥は薬師岳


船窪岳





針ノ木岳


劔岳方面





槍ヶ岳


船窪小屋
船窪小屋の夕食は地元の産品を使った手の込んだ料理。 器も一品ずつ盛りつけてあり、ホテルの食事よりも豪華。 この小屋に泊まるだけを目的に登って来る人もいると聞くが、うなずける。






前日の夫神岳へ 翌日の船窪岳へ



   
inserted by FC2 system