宮ノ浦岳 (屋久島)


1996.05.02〜05
直線上に配置

淀川入口→淀川小屋(泊)→花之江郷→黒味岳→宮ノ浦岳→新高塚小屋(泊)→縄文杉→ウイルソン株→白谷雲水峡


一日目は新幹線〜夜行列車。 二日目は鹿児島からジェットホイルで屋久島へ。 天気はよかったのだが...。



淀川小屋。 ここはすいていた。


三日目は雨模様。 花之江郷は この時期、何もなかった。





黒味岳山頂。 このあとの永田岳は雨のため割愛。


強風の中、ようやく宮ノ浦岳に到着。

新高塚小屋に入ったが、ものすごい混雑。 後から来た人は横になれず、座ったまま一晩を過ごす。



四日目は雨がやみ、杉を見学しながら白谷雲水峡に向かう。



縄文杉の上部。


縄文杉の下部。





ウイルソン株。


ウイルソン株の内部。 人が何人も入れるほど広い。





大王杉。


三代杉。





翁杉。











シャクナゲや鹿に見送られ、白谷雲水峡に到着。 タクシー〜フェリーで鹿児島へ。 そして夜行列車に乗る。


五日目の英彦山へ



   



inserted by FC2 system