崇台山


299.1m


(群馬県安中市)


2012. 1. 4

直線上に配置

ふるさと学習館→登山口→崇台山→ふるさと学習館

子王山の後、時間があったので崇台山に登ることにした。                           子王山



ふるさと学習館は高台にあるため、上部の駐車場からは周囲の山並みが見渡せる。







地図も持たずに来たため登山口が分からず、ふるさと学習館の方に教えていただいて、学習館の前の道路を進み、突き当たりを右に行くと道路が大きく左にカーブしている。
ここを右に進むと登山口の標識があった。







標識に導かれて登って行くとあっという間に山頂に着く。





山頂はわりと広く、方位盤も設置されている。


クリックして拡大。





300mに満たない山とは思えない展望。





浅間山が素晴らしい。


妙義山も大きい。





南へ下り、周回コースを取る。 振り返って見る山頂。


分岐を左へ行き長学寺を見学。



 


長学寺の創建は奈良時代の法相宗の僧が薬師如来を勧請し開山したのが始まりと伝えられています。
その後、承和2年(835)、真済が勅願により一切経を納め祝融山高尾寺として再興しました。
建久4年(1193)には、曽我十郎五郎兄弟の死を悲しんだ虎御前(曾我祐成の妾、遊女)が兄弟の菩提を弔う為、寺院を再興し長学寺と改称したそうです。
前田利孝が七日市藩主になると歴代の菩提寺と定め、境内には歴代前田家の墓碑である五輪塔が建てられ富岡市指定史跡に指定されています。

又、虎御前が手植えしたと伝わる虎銀杏は推定樹齢約600年、樹高31m、根周り8.5m、枝張り東西27m、南北15mの巨木で平成10年に富岡市指定天然記念物に指定されています。









分岐に戻って進むと東コースと西コースに分かれる。
東コースは登山口の近くの田んぼに下ってくる。
西コースは分岐を右に進んで行くと学習館のトイレのところに出る。

逆コースをとると登山口が分かりにくい。




   

inserted by FC2 system