赤面山

1701.1m

(福島県西郷村)

2013. 7. 7

 
直線上に配置

白河高原スキー場跡→第一リフト→第二リフト→分岐→赤面山→往路を戻る→スキー場

那須連峰の北端 赤面山(あかづらやま) に 最短コースの白河高原スキー場跡から往復





  予報に反して途中雨が降りだしたがスキー場跡に着くとやんだ。 このまま降らなければ良いのだが。
広大な広場の奥にある建物は遠くから見るときれいだが、窓ガラスが全て割られていて中も荒れている。 使われなくなった建物は哀れだ。 車が数台停まっているが登山者ではないようだ。     建物左側の道からスタート。
 







  足下は石がゴロゴロしていて、 とても歩きにくい。  殺風景なゲレンデに一株、花が咲いていた。  







  UFOか?と思ったが第一リフト終点でした。 この先もペンキで印の付けられたゲレンデをゆるやかに登る。 下りでは印が見えないので左に寄りすぎてしまいがちだが下っていけば問題ない。 第二リフトの先でようやく指導標が現れ、ここから山道に入る。 あいにく雨が降りだした。  







  樹林帯に入ってまもなく、道のすぐ横の笹の中を動物が逃げて行った。 音から察するに中型犬くらいの大きさ。 まさか熊??。 怖くなって鈴を取り出す。 木の根が張りだして歩きにくい湿った樹林の中を抜けると笹が生い茂った道になる。 深くえぐれて狭くなった所を通り抜ける。  







  ハクサンシャクナゲが数輪咲いていた。 岩場になり、矢印を辿る。  







  標識が見えて、山頂かと思ったが通過点でがっかり。  







  ようやく山頂着。 雨はやんで雲も切れてきた。 ゆっくりと展望を楽しみながら昼食。  







  茶臼岳と朝日岳。 眼下には湖が見える。 晴れていたら素晴らしい展望台だろう。  





三本槍は正面の前岳に隠れている。



   

inserted by FC2 system